車の保険が高い 50代

車の保険が高いと思う50代の方へ 背景と原因を理解して対策しましょう。

車の保険、高くなったと思いませんか? 50代の方。

 

 50代は人生で最もお金がかかるものですよね。

 

 子供は高校、大学、と、息をつく暇もなく、財布からお金が出て行ってしまいます。

 

 

 そこへきて、50代の方の自動車保険が値上げになる、ってご存知でしたか?

 

 

 車の保険は、今までの考え方だと、かければかけるほど安くなるイメージでしたが、そう呑気な事もいってられなくなりました。

 

 

 このようになってしまった時代の背景と、私達が今後取るべき賢い行動を、こちらのサイトで考えてみたいと思います。

 

車の保険料が高い。 年齢制限が見直されています。

 

 「30才以上担保」 という年齢制限条件のもと、私達は保険にはいっていると思います。

 

 この 「30才以上」 という年齢制限は、50才だろうと70才だろうと同じ区分でした。

 

 

 今回の改定では、この年齢制限が細分化されています。

 

 このようなイメージですね。

 

 

車の保険料 年齢制限の細分化

 

 

車の保険料が値上げになるのは、実は  9年ぶりだそうです… 。 

 

 クルマは、持っていれば持っているだけでお金がかかるものです。

 

 そして、動かせば壊れるリスクも生じるもの。 車検時の付帯整備などは年々増えていくものです。

 

 

 新車で買った我が家の車ですが、3回目の検査では、ウォーターポンプから水が漏れていました。

 

 どんなに顔が効く工場にお願いしても、部品と工賃とで、1万円以上は軽くふっ飛んでしまいます。

 

 

 これに加えて任意保険まで値上がりになってはたまりませんよね。

 

 調べてみると、任意保険の値上げは9年ぶりです。

 

 下の図のように、全体で見ても、かなりの値上げになっていますね。

 

 

車の保険の値上げ

車の保険が変わりつつあります。年齢とともに高くなる時代に。

 

 以前は、車の保険は高齢者ほど価格が安くなっていました。

 

 何故なら、高い保険料を毎年納め続けてきたからです。

 

 ですが、今回の改定においては、高齢の方への負担をお願いするようになっています。

 

 保険の料率で見ていただければ、その負担がおわかりいただけるでしょう。

 

自動車保険の負担 30代と60代

 

 

自動車保険の値上げ幅。 50代はまだいいものの、歳を重ねるごとに高くなるのは…

 

 実際に50代の方の車の保険が、次の継続時にどの位高くなってしまうのでしょうか?

 

 標準的な契約における、年齢ごとの値上げ額を算出してみました。

 

 

 50代の値上げ額はそれほどではないにせよ、これから先、上がり続けるとなると、さすがに… という感じですね。

 

車の保険料の値上げ額 50代の方

 

 

車の保険が高くなってしまった、社会的要因。

 

 車の保険が値上げされるのには、きちんとした理由があります。

 

 発表によると、以下のような理由があります。

 

 高齢化社会を迎えて、仕方ないといえば仕方ないですが、一方で、何とかなるならしたいと思いますよね。

 

 

車の保険が値上げになっている理由

最終的には、国内損保各社が値上げ。 足並みはそろっていないものの、同じ結果になります。

 

 高齢者を中心とした、今回の価格改定ですが、国内各社が一斉にはじめたわけではありません。

 

 この値上げを案内してしまうと、自社の顧客を失う可能性がとても高いので、どこの会社も踏み出せなかったようです。

 

 

 とある大手が勇気を出して第一歩を踏み出しており、その後各社も続いています。

 

 A社は値上げ前の安い価格を提示している一方で、B社は値上げ後の高い価格を提示している、というケースもあります。

 

 現在はズレが生じていても、自動車ディーラーを大きな代理店に持つ国内損保会社であれば、最終的には同じ料率になります。

 

 

 時代背景の後押しもあり、国内損保各社では統廃合が進められています。

 

 最終的には、東京海上グループ、三井住友海上グループ、損保ジャパングループになります。

 

 

 

 

 

 

50代の方、 他社の保険料を簡単に比べるシステムがあります。

 

 自動車保険を継続するのは簡単です。

 

 今まで何十年と行ってきた手続きをすればいいだけですからね。

 

 場合によっては、クレジットカードでの毎月課金にしている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 今までお話してきた通り、自動車ディーラーを代理店とする、国内の大手損保会社は値上げをします。

 

 一方で、通販系、ダイレクト系、外資系の会社の中には、独自の価格設定をしている会社があります。

 

 

 テレビやインターネットでの宣伝をご覧になった方も多いと思います。

 

 

 車検などでもそうですが、車関連の出費は、自分で考えて行動すると、ある程度抑えられる場合が多くあります。

 

 車の任意保険も、その最たるものです。

 

 

 今までと同じ、少し高いけれども安心感のある、国内損保会社がある一方で、

 

 価格は安く、そして、サービスも良く、安心して任せられる保険会社も、実は存在します。

 

 

 

 インターネットが発達したおかげで、私達は簡単な入力で、複数の会社から見積もりを取れるようになりました。

 

 自動車保険の比較が目的ですので、強引に保険を勧められることはありません。

 

 

 契約内容や価格、応対を比べてみて、納得できる内容であるなら、切り替えればいいのです。

 

 少しでも不安があるのなら、今までのところで引き続きお願いすればいいのです。

 

 

 費用はかかりませんし、マウス操作中心の簡単な入力で、すぐに結果が出ます。

 

 もしかすると、温泉旅行一回分位の節約ができるかもしれませんので、是非ご覧下さい。

 

 

 そうそう、自動車の任意保険は、この先もずっと払い続けるものであることをお忘れなく…

 

 

自動車保険の見積もり比較50代の方へ

 

 

 

 

 

 

 

 

  ご参考までに…



一度、車の価格を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたの車の価格を、複数社から教えてもらえるシステムです。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓









殆ど乗らないなら、カーシェアリングシステムへ。

任意保険料、税金、駐車場代もろもろ かかりません。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓



カレコ・カーシェアリングクラブ


 

 

 

自動車の消耗品でも節約できます。 管理人も実践している節約作戦!


節約目標 ▲ 50,000 円  タイヤ代節約 節約目標 ▲ 20,000 円  バッテリー代節約



管理人は 195/65/15 プリウスやセレナに合うこのサイズ4本新品、コミコミ 25,000円で愛車に装着できました。
新品BSより5万円以上安く手に入れるならココ。
通販で安く買って、量販店で取り付けてもらうと、とってもお得!是非ご体験ください!タイヤもディーラーさんにとってかなりの利益商品です。

こちらから ⇒ 新品タイヤなのに5万円節約する


エネオスなどの高級バッテリーが新品の4分の1以下の価格で買える!重機や船舶では中古バッテリーが多く使われています。 保証付きで安心!殆どが送料無料で、使用後の廃棄バッテリーも無料で引き取ってくれます。エコを実感できておトク!ディーラー新品は利益商品、高い。

こちらから ⇒ 中古バッテリーで2万円節約する

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ