車の保険が高い 70代

車の保険が高いと思う70代の方へ 【背景と対策】

車の保険、最近高いと思いませんか? 70代位の方々特に。

 

 車はただ持っているだけで、たくさんの維持費がかかるものです。

 

 地方都市にお住まいの方は唯一の足となっているでしょうから、そう簡単に運転免許返納もできませんよね。

 

 

 今までは70代であれば、長い期間車の保険料を納め続けてきたということで、保険料は割安感がありました。

 

 でも、ここへきて、この傾向も少し変わりつつあります。

 

 

 車の保険、継続のお知らせは届いたでしょうか? 保険料はいかがでしたか?

 

 

 

 

 

車の保険が高くなってしまった… 年齢制限が改定されました。

 

 今までは 「30才以上担保」 という区分において、車の保険料が設定されていました。

 

 ですが、今回、車の保険に関しての改定で、この 「30才以上」 という区分がさらに細かく設定されるようになりました。

 

 下のようなイメージになります。

 

 

70代車の保険が高い 年齢制限の細分化

 

 

車の保険が値上げになるのは、9年ぶりです。(自動車任意保険)

 

 ガソリンや税金、修理代やタイヤ代、毎年毎年高くなっているイメージがありますよね。

 

 自動車の任意保険に関して調べてみたところ、今回の改定による値上げは9年ぶりとなっています。

 

 

 今回の値上げの幅は、保険料の全体でみると、平均では下の図のようになっています。

 

 

車の保険料引き上げ、どの位か?

70代が最大の負担に… 車の保険が変わって来てしまいました。

 

 今回の車の保険の改定の最大のポイント、それは、高齢者の負担が大きくなっていることです。

 

 保険の料率で比べてみると、その負担がおわかりいただけるでしょう。

 

 70代は、さらに大きな数字となっています。

 

車の保険の値上げ幅

 

 

車の保険の値上げ幅 70才は最大となっています。

 

 それでは、70代の方の車の保険は、実際にはどの位の値上げになってしまうのでしょうか?

 

 標準的な契約における、値上げの額を、年齢ごとに調べてみました。

 

 

 どんな理由があれど、ここまで70代の方にしわ寄せがきてしまっているのは辛いですよね。

 

 

70代 自動車保険の値上げ額

 

 

70代 車の保険が高くなってしまった! どうしてなの? 社会的な要因。

 

 どうしてこれほどまでにも70代の方の車の保険が高くなってしまったのでしょうか?

 

 自動車保険の会社は、それなりに理由がある、と説明しています。

 

 どこか腑に落ちない感じがするのは、私だけではないはずです。

 

 

70代の方の保険料が高い理由

 

 実際に、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故や、センターラインをはみ出しての正面衝突等、大きな事故が増えています。

 

車の保険が高くなっている。国内の損保各社の動き。 最終的には、国内損保各社で値上げ。

 

 現在お知らせしている車の保険の値上げは、全ての会社で一斉に行われていません。

 

 値上げの通知は、即、解約や他社への異動に繋がりますので、どこの会社も踏み出せなかったというのが現実です。

 

 

 とある大手が勇気を出して第一歩を踏み出し、その後各社も続いているという状況です。

 

 A社は値上げ後の見積もりを出している一方で、B社は値上げ前の価格であるケースもあります。

 

 しかし、今はズレがあっても、国内の損保会社であるなら、最終的には同じ料率が適用される事になります。

 

 

 現在、国内損保各社は、統廃合が進んでいます。バブル時には20数社あったものが、最終的には3社になります。

 

 東京海上グループ、三井住友海上グループ、損保ジャパングループです。

 

 

 

車の保険が高いと思う70代の方、簡単に比べる事ができます!

 

 継続するのは簡単です。今まで数十回行ってきた手続きを同じように行えばいいのですから。

 

 大手損保さんの言う通りに支払うことは、当然といえば当然です。

 

 

 自動車ディーラーを大きな代理店とする、国内の損保会社は、値上げをします。

 

 一方で、通販型や外資系ダイレクト保険の中には、独自の価格設定をしている会社が数多く存在します。

 

 

 テレビやインターネットでの宣伝をご覧になった方も多いはずです。

 

 

 車検などにも代表されるように、車関係の出費は、自分で行動することである程度抑える事ができます。

 

 今までと同じで、高いけれども安心感のある、国内の大手損保会社がある一方で、
 価格は安く、かつ、安心な保険会社も存在しているのです。

 

 

 インターネットの普及に伴って、複数の保険会社から簡単に見積もりを取れるようになっています。

 

 

 比較が目的ですから、強引に契約を迫られるようなことはありません。

 

 

 契約内容や価格をじっくりと比べてみて、納得できたのなら、契約すればいいのです。

 

 不安だったり、信用がおけないと思ったり、今までの方が安心だと思うなら、そちらで引き続きお願いすればいいのです。

 

 

 

 費用はかかりませんし、入力も簡単です。 マウスでの操作が中心で、5分程度で完了します。

 

 

 もしかすると、旅行に行ける位の額が節約できるかもしれません。  是非一度ご覧下さい。

 

 (任意保険料は、この先も払い続けるものであることをお忘れなく… )

 

 

 

車の保険を比較する 70代の場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ご参考までに…



一度、車の価格を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたの車の価格を、複数社から教えてもらえるシステムです。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓









殆ど乗らないなら、カーシェアリングシステムへ。

任意保険料、税金、駐車場代もろもろ かかりません。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓



カレコ・カーシェアリングクラブ


 

 

 

 

 

自動車の消耗品でも節約できます。 管理人も実践している節約作戦!


節約目標 ▲ 50,000 円  タイヤ代節約 節約目標 ▲ 20,000 円  バッテリー代節約



管理人は 195/65/15 プリウスやセレナに合うこのサイズ4本新品、コミコミ 25,000円で愛車に装着できました。
新品BSより5万円以上安く手に入れるならココ。
通販で安く買って、量販店で取り付けてもらうと、とってもお得!是非ご体験ください!タイヤもディーラーさんにとってかなりの利益商品です。

こちらから ⇒ 新品タイヤなのに5万円節約する


エネオスなどの高級バッテリーが新品の4分の1以下の価格で買える!重機や船舶では中古バッテリーが多く使われています。 保証付きで安心!殆どが送料無料で、使用後の廃棄バッテリーも無料で引き取ってくれます。エコを実感できておトク!ディーラー新品は利益商品、高い。

こちらから ⇒ 中古バッテリーで2万円節約する

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ